Web版同窓会報

バックナンバーはこちら >>

最新号(第50号2017年6月1日発行)

紙面はこちら

  • 第93回箱根駅伝 総合8位の快挙
    シード権死守 7位が次の目標

    坪田智夫 法政大学駅伝監督(社会政策学科、2000年3月卒)に聞く
    悔しさバネに大躍進
    日々の努力が初優勝につながる
  • 学生インタビュー
    日本の魅力を世界に伝えるCM制作
    林奈穂さん(メディア社会学科3年、青木貞茂ゼミ)
  • 教授登場
    「コウケンテツ」の社会学
    中筋直哉教授(社会政策科学科教授)
  • 田中優子総長二期目スタート
    長期ビジョンHOSEI2030具体化へ
  • お気に入りがきっと見つかる!
    オリジナルグッズ専門ショップ
  • 中期経営計画策定の年
    全力で役割を果たしていきたい。
    副学長・常務理事(社会学部教授)増田正人
  • 校友会三大イベント
  • 元会長森田忠男顧問を悼む
    社会学部同窓会“中興の祖“
    ぶれない羅針盤役で母校に貢献
  • お気に入りの写真から
    (山田幹夫。第二社会学部1970年入学。芝田進午ゼミ)
  • 私論公論
    安倍政権の「働き方改革」に異議あり!
    鈴木康功84年卒秋田成就ゼミ
  • 新入会員の紹介
  • シャカイ人OB・OG
    海外で通用するビジネスパーソンを目指して
    貴金属メーカー勤務遠藤嘉紀さん(2011年卒、矢部恒彦ゼミ)
  • 新企画 大人のグルメ散歩
    第一回は多摩世代卒業生の手打ち蕎麦の名店
  • 蕎麦店修業を経て自分の店を持つ
    「浜町かねこ」店主金子泰史さん(99年、応用経済学科卒)
  • ホームカミングデイの成功に向けて協業を確認
    教授会執行部との懇談会
  • 卒業祝賀会に11人参加
    学部同窓会の存在アピール
  • 経済学部同窓会ベトナム・カンボジア旅行に参加
  • 2017年度社会学部同窓会定期総会へのお誘い
  • 会報50号発行記念企画「思い出の学び舎を語る」パネルディスカッション!
  • 30期迎えた「法政大学自主マスコミ講座」
    2016年度社会学部卒業生からテレビ朝日の、NHKアナウンサー

前号(第49号2017年1月1日発行)

紙面はこちら

  • 新年特別企画「学生インタビュー」拡大版 4年生座談会
    法政大学社会学部の学びの魅力とは?
    そして、私たちが今、考えていること。
  • 会報50号記念行事の成功を
    社会学部同窓会会長 髙橋 敏
  • カリキュラムはさらに進化
    社会学部長 同窓会名誉会長 徳安 彰
  • 教授登場
    「学習権」から「成人教育運動」へ
    荒井 容子 教授(社会教育実践研究)
  • 祝!箱根駅伝出場!! 目指せ!シード権入り
  • 社会学部4年、青木智美さん
    「インカレ」で優勝 リオ五輪・競泳女子でも大健闘
  • 法政大学の近況と直近の課題
    常務理事・社会学部教授 増田 正人
  • 参加レポート 京都で全国卒業生の集い 法政大学校友会
  • 東西南北
    会員の短信から
  • お気に入りの写真から
    平野ゼミ、中野ゼミの同期が集う
    76年卒 桑原政昭
  • 私論公論
    TPPからこの国の政治を考える
    黒部 清明 85年卒 中林賢二郎ゼミ
  • 新入会員の紹介
  • シャカイ人OB・OG
    本に関わる仕事、大学での学びから
    洋書輸入書店 勤務 滑川 信行さん
    応用経済学科 83年度入学 五十嵐仁ゼミ
  • 追想・私の法政大学
    高揚したあの頃、未燃の火種 今も心に!
    松井 睦夫さん
    58年 3月卒業 増島宏ゼミ
    56年 明治学院大学より社会学部Ⅱ部3年次編入
  • 【訃報】
    社会学部第一期生、中大路満喜子さんを悼む
  • 学生に戻って学び続ける「社会と人間セミナー」開催報告
  • ゼミを軸に卒業生の集い 準備で協業を確認
    教授会執行部との懇談会
  • 14年3月卒業生のみなさん
    パートナー組織の選択は「社会学部同窓会」を!
  • 経済学部同窓会主催
    ドイツ旅行同行記
  • 魅力ある活動が第一、役員の若返りも課題
    16年度定期総会
  • 定期総会記念講演会/長距離に強い法政をつくる!
    陸上競技部 駅伝監督 坪田 智夫氏(社会政策学科、2000 年3月卒)
  • 働きながら学び、研究者の道へわが人生を振り返る
    村串 仁三郎 1959年3月卒 法政大学名誉教授

同窓会に入会している方には、年2回(1・6月)に送付しています
購読されたい方は、こちらまでご一報ください。