イベント・活動計画&報告

2012年はこちらですarrow

2011年はこちらですarrow

2010年はこちらですarrow

2009年はこちらですarrow

2017.01.28 報告 「オール法政新年を祝う会」開催
2017.01.03 報告 新春箱根駅伝2017 法政大学第8位!シード権獲得!
2016.10.19 報告 第22回就活支援セミナー
2016.10.15 報告 2017箱根駅伝予選会を応援! 坪田監督からメッセージ
2016.09.24 報告 「社会と人間セミナー」が開催されました。
2016.06.11 報告 法政大学社会学部同窓会定期総会を開催しました。
2016.03.24 報告 社会学部卒業祝賀会
2016.01.23 報告 オール法政新年を祝う会
2016.01.03 報告 新春恒例の箱根駅伝応援・新年会
「オール法政新年を祝う会」開催


オール法政新年を祝う会ステージ

社会学部同窓会のテーブルには10名が集まり 新年を祝いました。

1月28日(土)台場のパレスロワイヤルで、全国から1000人の参加者が集い「オール法政新年を祝う会」が開催されました。

最初の挨拶で田中総長より「法政大学憲章~自由を生き抜く実践知~」が紹介され、法政がまた新たな一歩を踏み出したことを実感しました。

自由を生き抜く実践知
法政大学は、近代社会の黎明期にあって、
権利の意識にめざめ、法律の知識を求める
多くの市井の人びとのために、
無名の若者たちによって設立されました。
校歌に謳うよき師よき友が集い、
人びとの権利を重んじ、多様性を認めあう「自由な学風」と、
なにものにもとらわれることなく公正な社会の実現をめざす
「進取の気象」とを、育んできました。
建学以来のこの精神を受け継ぎ、
地球社会の課題解決に貢献することこそが、本学の使命です。
その使命を全うすべく、
多様な視点と先見性をそなえた研究に取り組むとともに、
社会や人のために、真に自由な思考と行動を貫きとおす
自立した市民を輩出します。
地域から世界まで、あらゆる立場の人びとへの共感に基づく
健全な批判精神をもち、
社会の課題解決につながる「実践知」を創出しつづけ、
世界のどこでも生き抜く力を有する
あまたの卒業生たちと力を合わせて、
法政大学は持続可能な社会の未来に貢献します。
新春箱根駅伝2017 法政大学第8位!シード権獲得!

皆様、新年明けましておめでとうございます。

2017年1月3日、京浜急行青物横丁駅「りそな銀行品川支店」前に同窓会員が集結。校友会品川支部と一緒にのぼり旗を立てて応援しました。今回、『社会学部同窓会』名を入れたのぼり旗を新調して応援したところ、多くの方々が声をかけてくださいました。結果は、ご承知のように第8位!来年のシード件獲得!応援後の乾杯の味は格別なものとなりました。昨年2016年の社会学部同窓会総会で坪田駅伝監督のご講演をいただき、その後の懇親会は坪田監督の応援の会となり盛り上がりました。結果、シード権獲得!同窓会としては嬉しい新年となりました。皆さん、来年1月3日の準備を!

 

第22回就活支援セミナー

多摩キャンパスの木々が色づき始めた10月19日(水)、経済・社会・現代福祉学部同窓会が各学部教授会とキャリアセンターの後援をいただき「第22回就活セミナー」が開催されました。学生参加者33名、同窓会関係者27名 計60名という多くの参加を得、コーディネーター経済学部鈴木教授のもと有意義なパネルディスカッションとなりました。

スピーカーの古田土勇太さん(経済学部2013年卒)、重田智幸さん(社会学部2013年卒)、渡邊悠司さん(現代福祉学部2008年卒)、河野 愛さん(スポーツ健康学部2015年卒)の皆さんには、会社に入る前の就職活動のことや入社した後の仕事と生活についてなど、これから就活を試みる学生にとって、即実践できる内容をわかりやすくお話をいただきました。第2部懇親情報交換会はエッグドーム2階「スローワールドカフェ」で行い、年代・学部の枠を超え、和やかに行われました。

 

2017箱根駅伝予選会を応援! 坪田監督からメッセージ

10月15日(土)秋晴れの下、陸上自衛隊立川駐屯地~立川市街地~国営昭和記念公園をコースに史上最高の50校が出場して2017箱根駅伝予選会が開催されました。社会学部同窓会も箱根駅伝走者であった中幹事長をリーダーに記念公園でのぼり旗を持って声援を送りました。結果はご承知のように第4位。2017箱根駅伝出場のチケットを手にしました。

本年6月に社会学部同窓会総会でご講演いただいた坪田智夫駅伝監督にお祝いメールを送ったところ返信メッセージが届きました。

「予選会では朝早くからの応援ありがとうございました。本戦でも皆様と喜びを分かち合えるように頑張ります。」

社会学部同窓会では来年1月3日に応援・新年会を企画しており、詳しい日程は後日お知らせします。母校法政の旗の下に集い後輩達を応援しましょう。

 

「社会と人間セミナー」が開催されました。
  • 講 師:社会学部学部長 徳安彰先生
  • テーマ:「原発事故と社会リスク」 (徳安先生の最新のご研究より)
  • 日 時:9月24日(土)15:00~ 16:30
  • 会 場:法政大学市ケ谷キャンパス 外濠校舎 2 階 S201教室

社会学部を卒業されたみなさんが大学に戻り、教室で勉強していただけますよう、開かれた社会学部同窓会を目指して2016年度「社会と人間セミナー」が開催されました。

社会学部といえば「ゼミ」。徳安先生のとてもわかりやすいご講義で参加者から、質疑応答が続きました。出席者は13名、まさにゼミの雰囲気でした。

その後、徳安先生を囲んで飯田橋で懇親会、ゼミコンパってこんな感じだったなぁ・・・と。

ご参加いただいたみなさまからは、「とても満足!」、「生涯学び続けることは大切」というコメントをいただきました。

社会学部同窓会では、今後もホームカミング企画を実施してまいります。同窓会紙、HPなどでご案内いたしますので、是非ご参加ください。

法政大学社会学部同窓会定期総会を開催しました。

2016年6月11日(土)法政大学社会学部同窓会定期総会を開催しました。午前中は「55・58年館お別れ見学会」、午後1時より総会・講演会・懇親会と続き、2016年度総会を滞りなく終えることができました。

【55・56年館お別れ見学会を開催!】(10:00~)

本年度は定期総会に先立ち、55・58年館の改築工事に伴う「校舎お別れ見学会」を開催しました。午前10時、同窓会員35名と一般参加者が集合。校舎の記憶を留める活動している「きおくプロジェクト」の皆さんの案内で約1時間半、懐かしい校舎を見学しました。


【リオオリンピック選手 社会学部4年青木智美選手激励会】(13:00~)

定期総会に先立ち、美人アスリートとして評判のリオオリンピック競泳女子800mリレー代表 青木智美(社会学部4年)選手 の激励セレモニーを執り行いました。残念ながら青木選手は合宿中のためご出席いただけませんでしたが、「激励金」をゼミ担当の社会学部長徳安彰先生に手渡し、ご挨拶をいただきました。

◆青木選手メッセージ
「同窓会の皆様へ この度リオ五輪の競泳代表に内定しました。リオでは日本新記録という結果をしっかり残してきたいなと思っております。応援よろしくお願いします!!」

【記念講演会を開催 法政大学駅伝部 坪田智夫氏講演】(14:00~)

「法政大学駅伝部のこれまでとこれから」という演題でスポーツと学業の両立、人としての成長などについて貴重なお話をいただきました。参加者からは今後の活躍を期待するとともに、一層の応援をしようとの声があがりました。

【ボアソナードタワー・スタッフクラブにて懇親会を開催】(15:30~)

理事の大畑きぬ代さんの巧みな司会で大いに盛り上がった会となりました。中でも新学部長の徳安先生、新副主任の樋口先生のご出席いただき、親しくお話できたことは会員にとっても嬉しい時間となりました。最後には肩を組んで校歌を斉唱し、本年度活動の盛行を誓い合いました。

社会学部卒業祝賀会

去る3月24日(木)、市ヶ谷キャンパス外堀校舎薩埵(さった)ホールにて、社会学部卒業祝賀会が開催されました。卒業生は700名ほどが参加。同窓会からは、写真の面々がお祝いに駆けつけました。中幹事長が声高らかに祝辞を述べるとともに、同窓会への入会をお願いしました。

オール法政新年を祝う会

去る1月23日(土)お台場のホテルグランパシフィックにおいて、校友会主催平成28年オール法政新年を祝う会が開催されました。

来賓として法政大学田中総長・菅内閣官房長官・上田埼玉県知事・他が出席。法政の学生が悲惨なバス事故に遭う新年となり、黙とう後の開会となりましたが、参加者約1,000名が集う盛大な新年会が開催されました。社会学部同窓会からは12名が参加し、新年を祝いました。本年も宜しくお願い致します。

新春恒例の箱根駅伝応援・新年会

会員の夢と期待が渦巻く中、2016年1月3日、午後1時、京急青物横丁歩道橋下に多くの駅伝愛好者に集結していただきました。紺に縁取られたオレンジののぼり旗が沿道を埋め尽くしました。ランナーの通過は一瞬ではありましたが、これほどまでに声援を送ってくださる皆様に頭が下がります。今年の秋、予選会を通過し、ここ青物横丁での再会を誓い、集い、応援をしました。ありがとうございました。

その後の新年会では、社会学部同窓会員10名の参加をいただき、品川支部の皆さん30名とともに盛大に催すことができました。